安心・安全のキャットフードを選ぼう!
原材料や産地、添加物などを徹底チェック
長生きを目指す猫ちゃんと飼い主さんを応援します

キャットフードの添加物(BHA・BHT・没食子酸プロピル)

キャットフードに使用される添加物として、BHA・BHT・没食子酸プロピルなどよく耳にするかもしれません。
これらはどんなものでしょうか。
猫にとって危険でしょうか。

BHA・BHT・没食子酸プロピルとは

BHA・BHT・没食子酸プロピルは人間の食品(油脂、バター、魚介乾製品、冷凍食品など)にも使用されている酸化防止剤です。
しかし、これらは発がん性などの健康への影響が認められています。
ではなぜ、使用が禁止できないのでしょうか。
その背景に、日米関係があります。
BHA・BHTは欧米から日本への輸出品の多くに使用されているため、欧米が圧力をかけ、使用できる対象製品は限定されましたが、使用禁止には至りませんでした。

BHA・BHT

BHAとは元々エンジンオイルなど工業用油脂の酸化防止剤として添加されていましたが、強い抗酸化効果があるため、人間の食品や医薬品、化粧品にも使用されるようになりました。
主に油脂類の保存料です。

最近では国内産の人間用食品にはあまり使用されていません。
しかし国内でも有名なキャットフードに酸化防止剤として使用されています。
BHAには膀胱や甲状腺の癌を発病する危険があると指摘されています。
BHTは石鹸や化粧品からゴムや石油製品、塗料など食品の保存料以外にも使用されている添加物で、猫に与え続けると毛が抜けたり、痩せやすくなる危険があります。
BHAやBHTは、食品の製造過程ですでに添加されていた場合は原材料名として表記する義務はありません。
BHAやBHTが実際には含まれているのにもかかわらず表記されていない食品があるため、知らず知らずのうちに摂取してしまっている可能性があります。

没食子酸プロピル

バターなど油脂の酸化防止に使用される添加物で、BHAやBHTよりも強力な酸化防止剤と言われています。
しかし価格が高く、食品によっては使い勝手が悪いことから食品に添加するというより製造過程に使用することが多いようです。
そのため原材料として表記されていない場合もあり、知らないうちに摂取してしまう危険もあります。
マウス実験で発がん性は認められなかったものの、変異原性、肝臓やDNAの損傷が指摘されています。

なぜそのように危険だと言われている添加物がいつまでもキャットフードに使われているのかというと、添加物の危険性よりも酸化してしまう方がより危険性が高いからです。

BHAやBHT以外にも天然由来の酸化防止剤は存在するので、不安であれば安全性の高い酸化防止剤を使用しているフードか、無添加のフードを選ぶとよいでしょう。

無添加のフードは安全ですが、飼い主が管理を怠れば添加物を使用しているフードよりも猫の体に悪くなっていくので、小分けになっているフードを短期間で食べきれる分だけ買うなど、選び方や保存方法を工夫する必要があります。

関連するコラムを読む

トップに戻る