安心・安全のキャットフードを選ぼう!
原材料や産地、添加物などを徹底チェック
長生きを目指す猫ちゃんと飼い主さんを応援します

キャットフードの添加物(トコフェロール・ローズマリー抽出物)

キャットフードの多くは添加物が使用されています。
酸化防止剤であるエトキシキンやBHA、BHTのような化学合成された添加物の危険性はよく耳にしますね。
では、安全で保存性を高めてくれる添加物はないのでしょうか。

天然・天然型酸化防止剤

化学合成による酸化防止剤に対し、ハーブや大豆などから抽出した天然のトコフェロールやローズマリー抽出物などの酸化防止剤や、天然のトコフェロールなどに酢酸を配合しビタミンのバランスを整えた天然型酸化防止剤があります。
これらは毒性の低い酸化防止剤で、猫にとっては安全と言えます。

トコフェロールとは

トコフェロールは脂溶性ビタミンであるビタミンEのことです。
抗酸化作用があり、酸化防止剤として使用されます。
化学合成された違い安全性の高い成分です。
トコフェロールはα(アルファ)・β(ベータ)・γ(ガンマ)δ(デルタ)に分けられます。
食べ物に多く含まれているのはα(アルファ)とγ(ガンマ)トコフェロールです。

トコフェロールの働き

・抗酸化作用があるため、老化防止の効果が期待されています。

・毛細血管を広げ、血流を良くします。

・動脈硬化の原因であるコレステロールの酸化を防ぎます。

・腎臓病やがんを抑制する働きがあります。

ローズマリー抽出物

ローズマリーとはシソ科の低木のことです。
ローズマリーの葉や花から抽出した天然の酸化防止剤として人間の食品やキャットフードに使用されます。
化学合成された酸化防止剤やトコフェロールよりも抗酸化作用が強く安全性も高いというメリットがあります。
また、フードの味やにおいに影響することも無い上、熱にも強く酸化防止の効果を持続させることができます。

トコフェロール(ビタミンE)とローズマリー抽出物の両方が含まれているキャットフードがおすすめです。
ビタミンEとローズマリー抽出物の併用により酸化防止効果の相乗効果が期待されています。

添加物について知る

猫の安全性を考えると、無添加のキャットフードがすすめられていますが、市販のものの多くは添加物が含まれていますし、無添加のものは高価で手に入れるのは難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、使用されている添加物の中にはトコフェロールやローズマリー抽出物のような安全性の高いものもあります。
キャットフードに含まれる添加物について調べ、比較的安全性の高い添加物を使用しているキャットフードを選ぶと良いでしょう。

関連するコラムを読む

トップに戻る