安心・安全のキャットフードを選ぼう!
原材料や産地、添加物などを徹底チェック
長生きを目指す猫ちゃんと飼い主さんを応援します

キャットフードの添加物(エトキシキン)

キャットフードに使用される添加物によっては、猫にとって安全ではありません。
安価で市販されているキャットフード、特に海外製の安価なキャットフードの多くはエトキシキンが使用されています。
エトキシキンの危険性はどれほどのものでしょうか。

エトキシキンとは

エトキシキンとは、安価で入手可能な強力な酸化防止剤です。
ダイオキシン系の化学物質で、毒性が非常に強いことで知られています。
ゴムの生産に使用したり、除草剤、飼料の添加物など様々な場面で使用されています。
エトキシキンは、アレルギー皮膚炎や肝機能や腎機能に障害を引き起こす可能性と発がん性が認められており、日本では食品添加物としても農薬としても使用できず、人が摂取することは許可されていません。
しかし、家畜や養殖魚、ペットに与える飼料への使用は許可されています。

ペットフードのエトキシキン含有量

食材として使用される家畜や養殖魚などの体内にエトキシキンが残留する許容量は1ppmまでとされています。
しかしペットフードの場合はドッグフードが75ppm、キャットフードが150ppmまでと規定されています。
この残留許容量はペットフード安全法というペットの安全のために施行された法に基づいて決められていますが、猫は人の150倍もエトキシキンの摂取が許可されている事になるのです。

ただしこれは規定量最大まで使用した場合の話で、実際に使用されているエトキシキンの量はメーカーによって異なります。

このように、動物には当たり前のように使用されていますが、決して人間よりエトキシキンの耐性があるわけではありません。
人間は使用を恐れているのにもかかわらず、動物に使用することは問題視していなかったのです。
しかし、猫がエトキシキンを摂取すると癌やアレルギー、皮膚病を引き起こす恐れがあると指摘されており、動物実験では腎臓や胃、膀胱、大腸などにがんが発生することが報告されています。
この実験で用いられた動物はネズミですが、犬や猫でも発病する可能性は否定できません。

なぜエトキシキンを使用するのか

キャットフードに使用されているチキンミールやミートミールなどの肉類には多くの油脂が含まれています。
油脂は酸化熱を発生させます。
通常であれば多少は問題ありませんが、船で輸入する際に積み重ねられたフードは熱の逃げ場を失い、高温になることがあります。
また、積んでいる海上コンテナ内も日光にさらされ大変高温になるため、自然発火する可能性があるのです。
酸化熱による輸送船の火災を防ぐために、酸化防止剤であるエトキシキンの使用が必要となるのです。
ですから、海外から輸入された安価なキャットフードにはエトキシキンが含まれることが多いのです。
国内産のキャットフードは輸送することが無いため、エトキシキンが使用されない場合が多いです。

原材料表示の穴

食品には必ず原材料表示がされているものですが、ペットフードには使用されている原材料が5%以下の場合表示する義務はありません。
ですから安価なキャットフードにエトキシキンが使用されていても表記されていない場合が多く、自分が購入したキャットフードにエトキシキンが含まれているか知ることが出来ません。
しかし、キャットフードの中には、全ての原材料を表記している物があり、それらにはエトキシキンは使用されていません。
また、エトキシキン不使用と明記されたものもあります。
価格より安全性を重視するなら、原材料を全て表記したキャットフードが良いでしょう。

関連するコラムを読む

トップに戻る