安心・安全のキャットフードを選ぼう!
原材料や産地、添加物などを徹底チェック
長生きを目指す猫ちゃんと飼い主さんを応援します

キャットフードの計り方

キャットフードは猫の年齢や体重に応じてバランスよく栄養分を摂取できるよう計算されています。
ですから一日の適切な量を守って与えることが理想的です。
規定量より多ければ肥満の原因になりますし、少なければ栄養が不足してしまいます。
とはいえ、規定量をきちんと与えるのは難しいものです。

キャットフードの計り方

1.飼い猫に適切なカロリーを知る

キャットフードのパッケージには一日の目安量が表記されています。
それを考慮に入れつつ飼い猫の年齢や体重に合わせてキャットフードの量を調節する必要があります。
一日に必要なカロリーの計算もしましょう。

2.計量カップや計量スプーンを使用する

ペットショップにはキャットフード専用の計量カップや計量スプーンが販売されています。
計量カップの側面に目盛りが付いているのでキャットフードの目安量を確認することができます。
スプーンの場合計量器と併用して一回の食事に必要な量を計ることができます。

3.飼い猫の食べる量を把握する

飼い猫が一日に必要とするキャットフードをきちんと食べてくれるとは限りません。
残してしまったり、足りないとおねだりしてきたりすることがあります。
飼い猫の食事をよく観察して、一日に食べる量を微調整すると無駄を減らすことができます。
猫が一日に食べる量が把握できたら、計量カップに目印をつけたり、スプーン何杯分かメモしておいたりすることでいちいちキャットフードを計る手間を省くことができます。

最近ではキャットフードを計るのに便利なアイテムがたくさん販売されています。
デジタル式の計量カップや、計量スプーンは瞬時に計算してくれる優れものです。
目盛りの付いたフードボウルはフード量の計算だけでなく猫が一日に飲む水の量を把握することもできます。

キャットフードを計るメリット

キャットフードを計ることで、一日に食べる量を把握できるのはもちろん、過不足なく栄養を摂取することができます。
食べ過ぎることがないので肥満防止になります。
また、普段食べる量を知っていれば、いつもより食べる量が多かったり少なかったりすることが分かります。
それが体調不良のサインとなっていることがありますから、病気の早期発見につながります。

キャットフードを計るのは面倒だと感じるかもしれません。
しかし、適切な量のキャットフードを与えることは飼い猫の健康促進につながる大切なことです。
キャットフードの種類だけでなく、一日に与える量も考慮に入れましょう。

関連するコラムを読む

トップに戻る