安心・安全のキャットフードを選ぼう!
原材料や産地、添加物などを徹底チェック
長生きを目指す猫ちゃんと飼い主さんを応援します

どの原産国のキャットフードがよいか

キャットフードにこだわる飼い主さんは、国産のキャットフードより外国産のキャットフードの方が評判のいいことを知っているでしょう。
確かに、海外ではペットに対する意識が高く、品質の良いキャットフードがたくさんあります。
では、どの国のキャットフードがもっともよいものなのでしょうか。
また、国産のキャットフードは与えるべきではないのでしょうか。

国産のキャットフードの品質

国産のキャットフードは低価格で穀物を使用しているものが多いですが、必ずしも穀物が猫の身体に良くないわけではありません。
腹持ちが良く便秘解消の作用もあるので、飼い猫の体質に合うなら心配ありません。
添加物も猫の身体に害が出ないよう使用量を制限しています。
また、国内のものでもヒューマングレードの食材を使用したものや無添加、グレインフリーのキャットフードがあります。

タイ産キャットフードの品質

タイは清潔な工場で、人間用とペット用の食品を製造しています。
キャットフードの食材は人間用と同様の品質で安全性が高いものです。
主にマグロを使用したウェットフードを製造しています。
国産のキャットフードの中にも、原産地がタイであるものがあります。

アメリカ産のキャットフードの品質

アメリカはペットフードの安全性の基準が日本より厳しく、原材料や栄養素、製造方法の表示を義務付けています。
人工添加物や穀物を使用しないキャットフードが多く販売されています。
原材料もヒューマングレードのものを使用しています。

ヨーロッパ産キャットフード

ペットに関する意識が最も高いのがヨーロッパの国々です。
キャットフードに使用できる食材やその部位について細かく指示がされており、副産物は使用しません。
穀物や人工添加物も含まれません。
ペットに質の良いものを与える習慣が根付いています。
特にイギリスは世界で初めて動物保護の法律を制定した国であり、動物に対する愛情が他の国々より勝っています。
動物虐待防止のための法律があり、動物が安心して暮らせる環境が整っています。
ペットフードは当然品質が良いものばかりで、無添加なのはもちろん、猫の本来の食事に近いものとなるようグレインフリーで高たんぱくの肉や魚を使用したものを提供しています。
コスト削減や食いつきの良さに重点を置く国産のキャットフードとは違い猫の健康を何より重視しています。

原材料の品質や添加物の有無など製造する国によって違いはありますが、どの国のものが最も良いものか断定することは出来ません。
栄養バランスに考慮し、消化しにくい穀物があまり含まれないキャットフードであれば、飼い猫が気に入ったものを与えればよいでしょう。

飼い猫に合うものが一番

飼い猫の健康のために品質の良いものを与えたいと思うのは当然のことですが、やはり猫が気に入って食べてくれないと意味がありません。
キャットフードについて調べると国産のキャットフードについてあまり好意的な意見が述べられていませんが、その考えに流されてしまわないようにしましょう。
国産のキャットフードでも原材料が品質の良いものを使用していたり、製造が海外で行われていたりするものがあります。
体調を崩すことなく猫が気に入って食べるなら与えても問題ありません。
もちろん外国産のキャットフードは品質が良いのでおすすめですが、無添加であるため管理を怠ると酸化や劣化を招きます。
劣化したキャットフードは添加物を使用したキャットフードよりはるかに危険です。
日本人は海外と比べ忙しく生活しており、ペットの食事を充分管理することが難しいケースが多いため、すぐ劣化してしまうキャットフードより、保存性の高いキャットフードを選ぶ方が良い場合があります。
ですから、選ぶべきキャットフードは、飼い主さんがしっかり管理が出来て、なおかつ猫が気に入ってくれるものです。

関連するコラムを読む

トップに戻る