安心・安全のキャットフードを選ぼう!
原材料や産地、添加物などを徹底チェック
長生きを目指す猫ちゃんと飼い主さんを応援します

激安キャットフードの危険性

保存性がよく安いキャットフードは飼い主さんにとって魅力的でしょう。
しかし、安価なキャットフードは大量の添加物や粗悪な材料が使われているという話をよく耳にしているかもしれません。
今回は、安価なキャットフードに潜む危険についてお話します。

安価なキャットフードの特徴

国内に流通しているキャットフードには安価なものがたくさんあります。
それは、コストのかからない原材料や製造方法を採用しているからです。
低コストの原材料でも見た目や食いつきを良くするために着色料や調味料など様々な添加物を使用しています。
さらに、保存性を高めるため強力な酸化防止剤も使用されています。

1.加工・製造の過程や原産地がわからない

ペットフードは加工をいくつかの国で行っていることがありますが、原産国として表記されるのは最終的に加工や製造を行った国のみです。
ですから、たとえ国産と表記されていても海外で加工されていた可能性や、材料の原産地が外国である可能性があるのです。
キャットフードによってはメーカーのホームページに製造過程について掲載されています。
キャットフードの安全性を確かめるために調べてみるとよいでしょう。
品質の良いキャットフードを見つける手がかりにもなるはずです。

2.肉副産物

コスト削減や食材を極力無駄なく使用するために肉副産物は使用されます。
肉副産物とはカットミスで人の食肉として流通しない肉や内臓(ホルモン)をはじめ、人が食べない部分の肉粉などを指します。
4Dミートのような危険な肉は含まれません。
肉副産物には猫に必要なたんぱく質が含まれていますが肉そのものと比べるとその質が劣るため肉副産物ばかり食べていると栄養が偏ることがあります。
また、アレルギーのリスクもあります。
飼い猫の体調を考慮して副産物不使用のフードを選ぶとよいでしょう。

3.添加物

キャットフードを低コストに抑えるため安価な添加物はよく使用されますが、安全性が疑わしいものもあります。
また、安い食材を使用していても合成着色料でおいしそうな色合いにすると飼い主さんが手に取りやすくなります。
食欲を刺激する匂いがすれば猫は喜んで食べます。
しかし、添加物が含まれたものばかり食べていると健康に影響が及ぶことは否定できません。

BHA

強力な酸化防止剤で食品以外にも化粧品や医薬品にも使用されます。
人間の食品に使用することはほとんどありませんがペットフード安全法によりペットフードへの使用が認められています。
使用基準値は毎日一生食べ続けても体に影響が出ない量に定められていますから、過度に心配する必要はありません。
発がん性が認められているのは事実ですが、がんを発病してしまうほど過剰に摂取する機会はまずありません。
また、BHAは摂取しても2日で体外に排出されます。
とはいえ、体質に合わなければアレルギー症状が出る可能性はあります。
飼い猫に合わないと感じたらキャットフードを変えましょう。

エトキシキン

毒性の強い非常に強力な酸化防止剤で、人間が摂取することは許可されていません。
ペットフード安全法により使用基準が定められていますが、がんやアレルギーを発症するリスクがあります。
危険な添加物でも使用されるのは安価で手に入るためです。
また、ペットフードの輸送中に酸化熱による自然発火で輸送船が火災に遭うことを防ぐためでもあります。
外国産の安価なペットフードにはエトキシキンが使用されていることが多いので注意が必要です。
輸送の必要のない国産のキャットフードにはまず使用されていません。
エトキシキン不使用と明記されたキャットフードもあります。

合成着色料

化学合成した着色料はペットフードだけでなく人の食べものにも良く使用されています。
食品をおいしそうに見せる役割を果たします。
医薬品に使用されていることもあります。
日本では着色料の使用は安全性を確認できたもののみに限られています。
しかし、海外では着色料による人間の健康被害や発がん性、アレルギーが認められているため使用を控えているものがあります。
とはいえ過剰摂取しない限り健康に被害が及ぶ可能性は低いと言えます。

猫は元々色の識別能力が高くないので食べ物の色は重視していません。
猫にとって着色料は必要ではありませんから着色料は不使用のものがおすすめです。

4.穀物

猫は、穀物を食べるネズミや鳥を丸ごと食べることによって穀物の栄養素を摂取していました。
肉食でも穀物の栄養素が多少は必要なのです。
飼い猫は狩りをすることは多くありませんから、キャットフードに穀物が使用されます。
穀物は便秘改善やダイエット、毛玉対策にも役立ちます。
安価なキャットフードの場合コスト削減のためにも穀物をたくさん使用しています。
しかし猫は獲物が消化してくれた穀物から栄養素を摂取できても穀物そのものを消化する能力は高くありません。
体質に合わないとアレルギーや消化不良を起こす可能性があります。
その場合グレインフリーのキャットフードに変えましょう。

価格より品質を重視する

キャットフードの価格が安いことは飼い主さんにとってメリットかもしれません。
しかし、安価な分原材料や添加物の品質や安全性が疑わしいものがあります。
愛する飼い猫の健康のために、価格よりも成分表示に着目するよう心がけてください。

関連するコラムを読む

トップに戻る