ペースト状

キャットフードの安全性はどこで判断する?

猫は大事な家族の一員として、大事に育てられている家庭が多いです。
キャットフードの品質も年々高まっているため、猫の寿命もとても長くなってきています。

猫の寿命に最も影響力があるのがキャットフードです。
室内で飼われている場合がほとんどなので、飼い主が与えるキャットフードがすべての栄養素です。
だからこそ安全性が高いキャットフードを選ぶことが重要になります。

そこでどのような基準でキャットフードを選べば安全だといえるのでしょうか。
まず一番大事なことは主な原材料です。
猫は質の高い動物性のたんぱく質が必要です。
チキンやターキーなどの動物性のタンのパク質を好むため、大豆や小麦といった植物性たんのパク質は避けるようにしましょう。
安価なキャットフードほど、このような植物性のタンパク質が豊富に含まれていてコストダウンされています。

また動物性たんぱく質でも、肉原料や副産物などと書かれているものは避けましょう。
病死や事故死した動物の肉などを含む4Dミードなどを使用されている場合が多いです。
そのため肉でも、チキンやターキー、ブタ肉など具体的な名称が記されている動物性タンパク質を選びましょう。

原材料と同じぐらい重要なのが、添加物の有無です。
キャットフードでは商品を長期保存http://www.catbarrier-4less.com/hozonnhohou.htmlできるように、多くの添加物が使用されている場合が多いです。
人間の食品には絶対に含まれてはいけない、発がん性が高い添加物も規制されずに含まれています。
例えば、エトキシキンという添加物は酸化防止剤として使用される添加物の一種です。
日本では残念ながらペットフードへの使用は認められていますが、人間は食べてはいけないものと定められています。

その他にも亜硝酸ナトリウムやBHAは保存料を目的として使用されている添加物です。
しかしどちらも長期間摂取することで、発がん性が高いものとして危険性があることが分かっています。
このような添加物が使用されていない無添加やオーガニックなどにこだわったキャットフードを選ぶと安全でしょう。