ペースト状

キャットフードとカロリーの関係

今ペットは家族の一員としてとても大事に育てられています。
一日でも長く、家族の一員として生活を共にしたいと思う人が多いです。
そこで重要になってくるのが、ペットの食事です。
今ほとんどの家庭が室内で世話をしている場合が多いです。
そのため飼い主から与えられる食事だけが、体を作りあげる栄養素になります。
ペットの中でも人気の高い猫にとっても、キャットフードがすべての栄養素になります。
そのため、猫の成長に合わせて適したキャットフードを選ばなければいけません。

最も気をつけなければいけないことは、キャットフードのカロリーです。
最近では、見た目ですぐに太っていると分かる猫が増えてきています。
それはキャットフードの与え方やカロリーが大きく関わってきています。

キャットフードの中でも最も高カロリーなのが、子猫の時期です。
子猫の時期は一番の成長時期なので、少食でも一日に必要なエネルギーが摂取できるように作られています。
そのためカロリーが最も高くなっています。

この子猫の時期のキャットフードを長く与えすぎると、カロリーがオーバーしてしまい、肥満体になりやすくなります。
時期で切りかえることも大切ですが、標準よりも体型が大きいと感じた場合は、早めに成猫用に切り替えることが必要です。
またその逆に標準よりも小さめの場合は、子猫用を長めに与えて必要な栄養素をしっかり確保しましょう。
自分で判断が難しい場合は、かかりつけの医師と相談してから切り替えをしていきましょう。

また成猫の時期を過ぎて、老猫の時期になると運動量が一気に低下してしまってカロリーの消化が低下します。
新陳代謝も低下するため、過剰なカロリー摂取は肥満から多くの病気の原因とつながってしまいます。
この時期になると老猫用に切り替えつつ、ダイエット用や様々な病気に対応したキャットフードを選択するようにしましょう。
今のキャットフードは種類が豊富なため、目的に応じて選択しやすくなっています。
そのため、愛猫のカロリー摂取に十分注意して選択していきましょう。