ペースト状

外国産のキャットフードは大丈夫?

今ペットショップに行くと多くのキャットフードが販売しています。
メーカーそれぞれ特徴があり、沢山の中から自分の愛猫に一番合っているものを見つけるのが大変です。
キャットフードを選ぶ際に、まず悩むのが日本のメーカーのものか外国産のメーカーの商品にするかという点です。
国産のものだから安心を感じる人もいれば、外国産ものに価値や不安なども感じる人もいます。

キャットフードを選ぶ際に、外国産のキャットフードは大丈夫なのでしょうか。
海外では猫を飼うということは家族が増えると、とらえている国がとても多いです。
そのため、人間が食べてもおいしく感じるキャットフードがたくさん販売されています。

それはキャットフードに使用されている原材料の質が高いからです。
添加物は使用せず、オーガニックにこだわった商品がとても多いです。
原材料に使用される肉も有機家畜で何の肉か明確になっている場合が多いです。
また植物性たんぱく質に関しても有機栽培で、遺伝子組み換えがされていないものが選ばれています。

日本ではペットフード安全法が施行されましたが、人間が口にしてはいけない成分がまだたくさん含まれています。
中には発がん性が高い添加物などもあり、食べ続けることで将来大きな病気へとつながってしまいます。
海外のペットフードの中には、第三者による厳しい品質管理をしている場合があります。
例えばアメリカの場合、「AAFCO」という飼料検査官協会があります。この基準に満たしているものであれば栄養面だけでなく、安全性が高いといえます。

ただし外国産のキャットフードの場合、一番気をつけなければいけないことがあります。
それはどのような形で輸入されているかということです。
外国産の場合はコストを下げるために、船で何カ月もかけて輸送されてきます。
その期間、品質を守るために保存料と一緒に運ばれてきます。
安全性が高いものを選ぶためには、並行輸入で入ってきている外国産のものを選びましょう。
短期間で輸送されているため、安全性http://www.invitrovisual.com/annzennkijyunn.htmlが高いといえます。