ペースト状

キャットフードをふやかすメリット

ペットの健康状態を把握するためには、毎日の餌の食べる量を目安にする人が多いでしょう。
年齢とともに食事の量は低下していきますが、食べている時の様子を見ているとペットの体調はよくわかります。

猫をペットで飼っている人にとってもCatfoodを食べる量は、健康状態を把握するためにとても重要です。
猫は食欲旺盛なのでお腹がすくと飼い主に対して、甘えたような泣き声で近づいてきます。
そのため食事をあまりとらないということは、何かしらの体中の変化を訴えているといえます。

そんな状態でも猫が少しでも栄養が取れるようにと、工夫してキャットフードを与える人が多いでしょう。
そこで多くの飼い主が悩んでしまうのが、食べやすくするためにキャットフードをふやかして与えるのもいいのだろうかという点です。
衛生面や食感などを考えると不安に感じる人もいるでしょう。
体調が悪い時や食欲が落ちていると感じるときは、キャットフードをふやかして与えても問題ありません。

それでは、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まず消化がしやすいということです。
硬いままではしっかり噛み砕き、内臓で消化しなければ吸収しにくくなってしまいます。
体調が悪い時は内臓の働きも低下しているため、消化機能に負担がかかります。
ふやかすことで内臓に少しでも負担なく吸収することができます。

また猫の食欲は嗅覚によって左右されます。
おいしい匂いがすることで、猫の嗅覚がはたらき食欲が増殖します
お湯でふやかすことで、ドライフードからおいしいに匂いが広がります。

最後にキャットフードはふやかすことで、水分もしっかり確保することができます。
特に吐き気や下痢などの症状が出ている場合、水分をしっかり確保しなければ脱水になってしまう可能性もあります。
ふやかして体に必要な栄養素と一緒に水分も補給することができます。
このようなメリットから体調が悪い時などは、キャットフードをふやかしてあげるといいでしょう。
ただし衛生的な問題から長時間放置しないように気をつけて与えましょう。