安心・安全のキャットフードを選ぼう!
原材料や産地、添加物などを徹底チェック
長生きを目指す猫ちゃんと飼い主さんを応援します

タイ産キャットフード

中国や韓国の食材の品質にはあまり良くないイメージがあるため、アジアの食材全体にもそのようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、タイは「世界の台所」と言われるほど食品衛生が高く国際市場並みです。
輸入も公衆衛生省と農業協同組合症の監督の元行われていますので、日本で手に入るタイ産の食品も安全性の高いものです。
それだけ食材の品質が信頼できるタイでは、ペットフードも多く作られています。
では、タイ産のキャットフードも安全性が高いのでしょうか。

タイの製造工場

日本は衛生環境が良い特徴があり、それと比べると海外の衛生レベルは低いというイメージがありますが、もちろん海外でも衛生環境の整った所はたくさんあります。
タイの食品製造工場はとても清潔です。
それはキャットフード製造工場も同様です。
キャットフードは人間のツナ缶と同じ工場で製造されます。
ですから、衛生面で問題が生じることはまずありません。
ですから、タイの工場で製造されるキャットフードは安全性が高いと言えます。

タイ産のキャットフードの特徴

日本はタイから人間の食品はもちろん、キャットフードも多く輸入しています。
実は日本ではタイ産のウェットフードもたくさん販売されています。
そのウェットフードは大抵魚がメインになっています。
タイは人件費が安く、小型のマグロが多く生息しているため、ツナ缶の製造工場がたくさんあります。
先ほど触れましたがこの工場では人が食べるツナ缶と一緒に猫用のウェットフードも製造しています。
ですから、タイ産のキャットフードはヒューマングレードの鮮度が良い魚が使用されたものです。
もちろん、人間が食べない血合いなどの部位もキャットフードに使用されますが、品質が悪いわけではなくあくまで人間が食べるのには適さない部位であるだけであって、猫にとっては栄養が豊富なよいものです。
マグロの肉を効率よく使用できるため、一つの工場で人用と猫用のツナ缶をつくるのはメリットが大きいのです。

タイの人件費問題

先ほどタイは人件費が安いと説明しましたが、その件に関してある問題が明らかになりました。
タイの某大手企業が労働奴隷を行っていたのです。
労働時間は一日最大20時間に及び賃金も支払われず、払われてもほんのわずかで、作業ミスした場合暴力を振るわれ、最悪殺人が行われることがありました。
この問題によりアメリカは強制労働による水産物の輸入を禁止する法律を定めました。
大手企業と言えどそのような不当な扱いを受けた労働者がいたのならば、衛生環境もどこまで徹底されていたのか怪しいところです。
日本に流通しているキャットフードの安全性は保障されているとはいえ、タイのそうした現状やキャットフードの製造工場についてもある程度知っておくことは飼い猫の身を守ることにつながります。

タイ産は安全性が高いもの

タイ産の食品は輸入の際公衆衛生省と農業協同組合症が監督するため日本に流通するキャットフードは安全で品質が良いです。
猫の好みもありますがメインとして与えるのにおすすめのキャットフードと言えます。

関連するコラムを読む

トップに戻る